クローズ

DSJホールディングス株式会社

最高顧問  ロバート・ローレンス・クーン博士

ロバート・ローレンス・クーン博士

ロバート・ローレンス・クーン博士は、国際的に著名な「投資銀行家」であり、「企業戦略家」でもあるが、特に中国のビジネス市場に関しての最高権威である。中国政府とは、1989年以来、政府首脳やトップ企業の最高顧問として、経済政策、工業政策、企業買収、科学技術、メディア、文化、米中関係などや、多岐にわたる国際間のコミュニケーションやビジネス案件などについて重要なアドバイスを供与するなど、外国人としては異例のプレゼンスを示している。

クーン博士はまた、多くのトップクラス多国籍企業やその経営者達に、科学技術、IT、エネルギー、資源、製造業、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア・医薬産業、消費者製品、財務関連、等々の多岐にわたる部門に関して、企業戦略の立案やその遂行に関して実践に即した助言を与えている。また、「アーンスト・アンド・ヤング」社(設立:1849年、売上高:250億ドル、従業員数:14万人)の会長室直結の最高顧問としても活躍している。クーン博士は、M&Aに関しては30年以上もの実地体験を持っている。博士は、米国において中小企業を対象とする最大のM&A企業である「ジュネーバ」社(2000年にシティグループに売却)の共同経営者・社長として、1400件以上ものM&A案件を成約し、その基礎ともなる1万件以上もの企業評価・再生をも手がけた。

クーン博士は、ビジネス戦略、財務、科学、哲学などに関する25冊もの書籍の著作/編纂を行っているが、その中にはダウジョンズ・アーウィン社の発刊による7巻の「投資銀行全集」があり、関連業界で広く読まれている。

クーン博士はジョンズ・ホプキンス大学で、人類生物学で学士号を取得、UCLAにて解剖学と脳研究で博士号を取得、MIT(マサチューセッツ工科大学)スローンスクールで経営学の修士号を取得している。

クローズ